EFOの意味を紹介

今は一家に一台PCやスマホがあるというのが当たり前になった現代社会では、登録もPCで行う事が多くなっています。
特に確定申告などの重要な対応もPCから行えるなど、どんどんPCから処理や対応をするといった環境が定着しているのです。
しかし、PCから入力する際に多いのが、エラーが多くて、先に進めず登録さえもできないという状態になります。

ご年配の方だと、どこがエラーかわからないと、イライラして登録するより電話したほうがいいと考える方を多く見かけます。
そんなご年配の方やPCなどの機械が苦手という人でも対応できるようにした入力形式にEFOというシステムがあります。
EFOの正式名称はEntry Form Optimizationと呼ばれており、意味としてはエントリフォームを最適化するという内容になります。

エントリフォームの最適化といわれても、ピンとこない方多いが多いと思います。
簡単に説明しますと、入力した際にエラーがあった場合どこが入力漏れなのかなど細かく教えてくれるインフォーメーション的な存在になります。
つまり、入力して登録したけどエラーばかり出先に進まないという時に、赤文字でここが漏れていますよ、入力内容が間違えていますよと細かく教えてくれます。
EFOはエントリフォームに起こりやすい入力間違いや入力漏れを分かりやすく教えてくれるシステムになります。
エントリフォームで先に進めないという方がEFOのシステムを活用することで、楽しく入力できます。



≪特集≫
ネット上のエントリフォームを最適化するサービスを提供しているエフトラEFOというサイトです ⇒⇒⇒ エフトラEFO

Copyright © 2014 EFOでより時間を節約する All Rights Reserved.